カードローンの審査

カードローンの契約を結ぶには審査が必要です。審査に通らなければカードローンを使用することができません。審査の方法の一つとして、在籍確認があります。申告があった勤め先に在籍しているかを確認するもので、ローン会社サイドから顧客が勤めているとされる会社へ電話での確認があります。消費者金融名を出すわけではありませんので、会社の人にローンの契約の審査中であることがバレてしまうという心配はありません。一般的に、信販系や銀行系のカードローン会社よりも、消費者金融系のカードローンの方が借り入れが容易であるとされています。その分、借り入れ限度額が低く、金利が高い傾向です。他のローン会社への借り入れがあっても消費者金融系ですといとも簡単に借り入れができるとも言われています。その他に審査をされる項目として、年収や勤続年数なども参考とされます。中には居住年数も審査の際に必要となることもあります。どちらも3年以上の継続があると借り入れがしやすくなります。他のローンへの借り入れなどもチェックの項目となります。年収の基準として200万円以下であると審査が通りにくいとされています。ですが、容易に借り入れができるとされているローン会社では、上記の審査方法ではない場合もありますので、1つの消費者金融会社で審査が通らなくても再度違う会社への審査を出してみても良いと思われます。申込書に不備が確認された場合にはもちろん審査は通りませんので、提出前に確認をするようにすべきです。