消費者金融と銀行カードローンの違い

カードローンには消費者金融系のローン会社と銀行系のカードローンがあります。消費者金融系のカードローンは銀行系のカードローンよりも、会社数が多く、1店舗で運営しているようなローン会社もあります。消費者金融系も銀行系も最近ではどちらも即日借り入れ可能になり、金利も安くなってきました。中には銀行系の方が金利が高く審査に時間がかかるというローン会社もまだありますが、徐々に差がなくなってきました。注意しなければいけないのが、小規模の消費者金融です。小規模である消費者金融の中には悪徳業者も存在します。悪徳である消費者金融の場合、法外な金利であることが多く、元本を減らさずに金利で儲けているようなローン会社があります。返済が困難になると、借り換え先を案内してくれ、その手数料として多額の金額を請求されるということもあります。悪徳業者の場合、手数料は高額になり、手続きを進めるごとに手数料がかかるといいます。銀行系のローン会社であれば、銀行の名前がついていますから、法外な金利を請求されることはありませんし、安心感が違います。消費者金融の場合、借り入れが簡単であるとされているローン会社が多いですが、借り入れが簡単な分、どんどん貸し出しをし、その分返済が困難になる可能性もあります。カードローンを利用するには、できるだけ信頼感があり、大手であるローン会社を利用することで、安心した取引を行うことができます。金利や手数料が明確であるローン会社を選ぶようにしましょう。