総量規制とは

総量規制とは、年収によって借り入れ額ができる金額が規制されている物で、借り入れ可能額は年収から3分の1と決まっています。カードローンの借り入れには法律で借り入れができる金額が定められています。複数のローン会社から借り入れをした場合でも、総重量規制以上の借り入れはできないと発表されています。どれほど借り入れをしているかは個人信用情報を確認することですぐに認識できます。賃金の貸し付けをしている業者に総量規制は適用とします。銀行などの目的別ローンには総量規制はかかりません。そのため、住宅ローンなどの高額な金額でも総量規制にはひっかかりません。銀行のカードローンにも総量規制は掛かりませんが、銀行の貸し付けは審査が厳しいことが多いのだそうです。すでに総量規制が発生するほどの借り入れがある人は審査には通らないと言えるでしょう。総量規制の対象となる年収として挙げられるものは給料の他にも年金や恩給などが挙げられます。全てを合計した金額の3分の1の借り入れが可能になります。宝くじやギャンブルなどの収入は固定収入にはならず、総量規制の収入の中には含まれませんので注意しましょう。総量規制の限度額であっても、借り入れが多ければその分返済は大変です。総量規制まで借り入れをすることは返済が困難であることが予想されますし、借り入れができなくなる程借り入れをすることで借り入れができなくなってしまった時に、返済ばかりに追われ、毎日の暮らしを十分に送れなくなってしまうケースだって考えられますので注意しましょう。