100万円を借りる具体的な方法

100万円を借りるにあたって有利なのは消費者金融より圧倒的に銀行カードローンなどのほうが有利と言うことです。

 

消費者金融でも、「融資限度額300万円」など100万円を超える限度額を掲げていたりはするのですが、結局総量規制の問題がありますから個人の借り入れ可能額は限定されてしまいますので、年収が300万円に満たない方が100万円を借りるのであれば、銀行からの融資ということになります。

 

100万円を借りるにあたって、必要となってくる書類があります。それが収入証明書です。融資の際はもともと身分証明書が必要書類として用意しなくてはなりませんが、50万円を超える貸付けになってくるとほとんどの金融機関でこの収入証明書が必要となります。

 

収入証明書は源泉徴収票や住民税決定通知書、確定申告書などです。

 

運転免許証や保険証のようにいつももちあるいているような身分証明書とは違って、収入証明書は会社の人事部に発行してもらったり役所に行って手数料をかけて発行したりしなくてはならないものです。

 

ローン会社によっては収入証明書の提出が100万円以上の借入金額からとなっているところもありますが、100万円を借りる場合にはどちらにせよ必要にはなりますから、「100万円を借りる」となったときにはまずこうした書類を手配することも忘れないようにしましょう。

 

100万円を超える融資となってくると、借りる額が大きいだけに、適用される金利が非常に重要になってきます。小額の借り入れのときとは違い、ちょっとした金利の差で利息負担額が結構違ってくるからです。

 

100万円など高額融資の際は、できるかぎり金利の低いところを選ぶようにしましょう。