債務整理とは

債務整理とはカードローンの返済が不可能になってしまった場合、債務整理をすることになります。債務整理の種類には、自分の資産を全て放棄し、全ての借り入れを帳消しにする自己破産の手続きや、借入額を減額してもらい、3年以内で減額した全ての借入額を返済する個人再生、借金の支払い方法などを弁護士や司法書士などがしてくれる任意整理、裁判によって決めてもらう、特定調停という種類があります。債務整理の種類の決定は弁護士に相談して決めることが良いでしょう。金額によっては、猶予をもらうことで返済できる可能性がある場合もあります。弁護士は債務整理のプロですから、自分の意向を述べると、良い方向へ導いてくれることでしょう。事と次第によると、自己破産の手続きとなりますが、自己破産は社会的信用を得られなくなるのではないかと考えます。今後、自己破産ができなくなりますので、借り入れをした場合、どんなに高額であっても返済しなければいけません。住宅ローンや車のローンなど目的別のローンの契約はできなくなりますし、クレジットカードの発行もできません。今後自己破産ができないことを良いことに、消費者金融からはダイレクトメールや電話などで、融資の話が出てくることが増えるそうです。法律家に相談し、債務整理を始めることで、返済の取り立てや催促などの行為はなくなりますが、そのような事態に陥ってしまった原因を見極め、今後同じような過ちを犯さないように自分に戒めを持って暮らして行くことが必要であるといえるでしょう。