ブラックリストについて

カードローンなどの支払いができなくなってしまった場合、ブラックリストにのるとよく噂されています。ですが、実際、ブラックリストというものはないといえるでしょう。ブラックリストに載るというよりは個人信用情報に悪い情報がのるという表現の方が正しいと考えられます。実際、借り入れの審査が通るかどうかは、個人信用情報を元にしていますから、返済が不可能になるであろう情報が記載されている場合には契約にはなりません。ブラックリストと言われている悪い情報を個人信用情報にのせないためには、ローンの借り入れは返済期日までに返済し、優良なカードローン利用者である必要があります。ブラックな情報とされてしまう事は3回以上返済に滞りがあった際や、債務整理の手続きをした場合など、ブラックな情報に該当します。ローン会社や消費者金融も極力リスクが大きい人との契約は避けたいと思いますし、事故情報を個人信用情報に記載されている相手は信頼するに値しません。返済の滞りなどの情報は5年間登録が消えませんが、自己破産の場合は10年間ブラックな情報として残りますので、注意しましょう。ブラックな情報は金融関係者のみが参考にできる書類であって、就職などには関係ありません。資格の取得などにも不利になることは一切ありません。金融系の就職先である場合は別ですが、他の就職先である場合、個人信用情報を参考とする企業はないのだそうです。家族や親族にブラックな情報が流れることもないとのことです。