無職の場合

カードローンに限ったことではありませんが、金融機関のローンを利用しようとする場合は、安定した収入があって返済能力があるという人がローンの対象者となっているので、無職の状態でカードローンを申し込んでも審査に通らない可能性が高く、無職のカードローン利用は厳しいものとなっています。ですが、安定した収入があると聞くと正社員でしっかりと毎月安定したお金をもらっていなければ難しいと思われがちですが、カードローンの場合は就業形態に関しての記載が無い場合が多く、アルバイトや派遣社員の人でも毎月の収入具合によっては借り入れすることが可能となっています。銀行や消費者金融によってはアルバイトやフリーター、機関によっては主婦や学生の利用も可能であると明示しているところがありますが、主婦の場合はパートやアルバイトをしていない専業主婦であっても、配偶者の収入証明書があれば借り入れすることが可能なところもあることから、カードローン利用は必ず正社員で毎月安定したお金が必要であるということではありません。無職の借り入れが難しいとされる理由は貸したお金が返ってくる見込みがないということなので、どんな状態であっても貸したお金が返ってくるなら審査に通る確率は0%ではなくなります。銀行や消費者金融側も貸したお金が利息を付けてきっちり返ってくれるなら貸し惜しみする理由はないので、無職であってもフリーターや年金収入などがあればカードローンを利用することは可能となっています。