無理のないカードローンの使用法

カードローンを利用する場合、計画性を持つことが非常に重要になります。確実に返済をすることができる金額で借り入れをすることが大切です。借り入れる金額は返済可能額ではなく返済負担率で計算することで無理のない返済であるかどうかがわかります。返済負担率の計算法は年収÷返済額の合計で表すことができます。年収が500万円の人が50万円の借り入れがある場合、50÷500で0.1となり、返済負担率は10パーセントになります。この返済負担率が50パーセント以上であると、返済は難しいとされています。50パーセントを超える場合、銀行や消費者金融からは要注意とされてしまうそうです。返済負担率は年間で返済金額が何パーセントをしめるかを計算する方法ですので、自分は返済に年収の何割を利用しているかがわかることでしょう。カードローンの借り入れだけではなく、他にもローンがある場合、全て合算して年収で割ることで返済負担率がわかります。カードローンを利用せずに生活できるのであれば、それに越したことはありません。ですが、給料までの数日や、急な出費などでお金に困った時にはカードローンはとても心強い味方となります。金利によって、生活が苦しくならない程度に、毎月確実に返済が可能である金額を計画的に利用するように心掛け、身の丈に合った生活をするようにしましょう。無理をして、自分の収入よりも豪華な生活をしても、今後何の役に立つこともなく、借金だけが残るということを忘れずにカードローンを利用するようにしましょう。