個人信用情報とは

カードローンの契約の際には必ず審査が必要になりますが、その審査の方法の一つとして、個人信用情報の確認があります。個人信用情報とは、氏名や生年月日などの本人を確認する情報をはじめ、カードローンの契約の有無、返済の滞りや、他に借り入れがないかどうかなど、借り入れがある場合、いくら借り入れがあるのかなど、その人の借り入れの記録が全て記載されています。金融系の全ての会社がその情報を参考にすることができ、共同で利用している情報になります。自分自身の記録が知りたい場合、お金を支払うことで個人信用情報を閲覧することが可能です。本人確認の書類はもちろん必要になりますが、自分自身の借り入れについてどこまで記載されているのか気になる場合は閲覧することも良いでしょう。閲覧方法にはインターネットを利用する方法や郵送で確認する方法、窓口で確認する方法があります。個人信用情報に借り入れの延滞の記載がある場合や、他のローン会社から多額の借り入れの記載がある場合、ローン会社は審査を通さず、契約とはなりません。1度でも滞りがあると、個人信用情報に記載がされてしまうため、返済期日には注意しましょう。自分自身の借り入れの証明書のようなものですので、内容を変更することはできません。何年も前に返済が不可能になってしまった場合でも、その記録は残ってしまいます。ローン会社が信頼し、参考にしている情報となりますので、自分の個人信用情報に自信がない場合、一度確認してみるのも良いでしょう。