カードローンの基礎知識

カードローンという名称はCMや広告などで馴染み深いものとなっていますが、これまでにカードローンを使ったことのない人にとっては多重債務や借金などのイメージが先行してしまいがちで、はじめてこれからカードローンを使おうと思っている人にとってはわからないことも多く不安になってしまう場合があります。カードローンとはその名称の通り、カードを利用してお金を借り入れるものですが、形状は銀行の預貯金で使うようなキャッシュカードとほとんど同じで、銀行のカードローンに関してはキャッシュカードとカードローンのカードが一緒になっているものがあるくらいです。使い方もキャッシュカードの預貯金システムと似ている部分があって、カードローンのカードをカードローン専用機やカードローン併用機となっているATMのカード挿入口に挿入して、あとはキャッシュカードと同じ使い方でお金の借り入れをすることが可能となっています。これがカードローンの基本ですが、申し込み時にお金の借り入れ額を決めて、その借り入れるお金に応じた支払いが可能かどうかということを細かい審査を経て、審査に合格してはじめて申し込み申請時のお金をまとめて借りるようなタイプのローンとは仕組みが大きく異なっています。カードローンの場合は借りる金額を最初に決めるのではなく、借り入れ上限額を決めてその範囲内でお金の借り入れや返済ができるように冗長性をもたせていますが、この利便性がかえって仇となることもあるので注意が必要です。