カードローンの過去から現在

カードローンという名称は近年になってよく耳にするようになった名称なので、カードローン自体の歴史はそう長くはないと思われている方も多くいますが、カードローンにおけるお金の借り入れや返済方法の仕組みは昔からあるため、新しくできた仕組みというよりは名称がこれまで変わってくる過程で行きついた名称といえます。カードローンの仕組みはいわゆるサラ金と同じで、サラ金という名称に対して負のイメージを持つ人が多いことから次第にカードローンと呼ばれるようになってきたわけですが、イメージ以外の観点からみると、サラ金という名称はサラリーマン金融の略語でありますが、単に女性の社会進出が進んだり、就業形態の自由化が進んだためサラ金という名称が無くなったという理由も考えられます。この昔からあるサラ金というカードローンは主に消費者金融会社が提供していたサービスですが、近年になり法律の改正などによって消費者金融だけでなく銀行もカードローン事業に参入するようになったため、カードローンそのものが多様化の一途を辿っています。カードローンという名称は女性が利用するカードローンに対してはレディースローンと呼んでみたり、学生が利用するカードローンに対しては学生ローンと呼んだりとカードローンを使う人や用途によって様々な呼び方に変化しています。以前は高金利だと言われていたカードローンですが、法改正や銀行などの参入により一昔前よりも全体的に金利が低下傾向にあります。