消費者金融で審査落ちした場合の対処法

消費者金融で審査落ちしていたら、あなたでしたらどのようにするでしょうか?審査に落ちてしまっても、現金に困ってしまっているからといって当たってくだけろ的にいくつものカードローンに申し込むのはNGです。

 

短い期間に2カ所以上のカードローンに申し込みをしてしまうと、『お金に困っている人=返済能力がほとんど無い状況なのでは?』と決めてかかられ、申込ブラックという状態にされてしまう可能性が高いからです。では、審査落ちした場合の対処法はどのようにしたらベターなのでしょうか?

 

カードローンの審査基準というのは、消費者金融ごとに違いがあります。ですから今回、A社で審査落ちしたとしても、B社では通るということも往々にしてあるのです。

 

金利の条件などはA社のときより悪くなるかもしれませんが、より審査通貨率の高い消費者金融を選ぶとよいでしょう。審査通過率は大手だと30?40%前後程度になっているようですね。中でもアコムやプロミスなどは特に高めなようです。

 

また、新たな消費者金融に申し込みをする前に、なぜ審査に落ちたのか?を見直すことも肝心です。もしどこに申し込みをしても落ちるような理由があるのだとすれば、これからいくら申し込みをしたところで同じことになってしまうからです。

 

例えば勤続年数。勤続年数は3年以上が通りやすく、1年以上であればほとんどが合格ラインとされています。

 

しかし、半年未満という場合には勤続年数が原因で審査に通らないという可能性が高いですから、可能なら最低限半年以上、1年程度は勤続年数を積んでから再度申し込みをするほうがよいでしょう。

 

また他社借入件数はどうでしょうか?他社借入件数の許容範囲は消費者金融ごと違いがありますが、一般的に3社以上の他社借入がある状態ですと新たな借入は困難となってきます。こうした場合には小額の借入から完済して件数を1件でも減らすと効果的です。