計画的に返済できる金額とはどれぐらい?

計画的に返済ができるような金額だけ借りましょう、しっかり返済シュミレーションをたてましょう、とよく聞きます。では計画が立てられる金額とは、どれぐらいが目安になるのでしょうか?

 

もちろん、お金が必要だから消費者金融などに借り入れを申し込むわけですが、返す時に苦しくなるほどや自転車操業になってしまうほどの金額を借りてはいけません。

 

計画的に返済することができる金額は、一般的に月収の手取りの2倍程度までといわれています。あるいは税込みの年収の1割程度までがリミット、と思っておいたほうがよいようです。

 

さらに固定収入でない場合や、月収が少ない方の場合はもう少し低めに設定しておいたほうが返済はしやすいでしょう。

 

また普段は金銭感覚はしっかりしているのに、借りたことで気が大きくなってしまい、必要のないものまで借りたお金で買おうとしてしまうタイプの人もいます。借りたお金はもちろん自分のお金ではなく、自分に対する信用に見合ったお金を一時的に手にしているものだということをしっかり認識しておく必要があります。

 

当然ながら利子も払っていかなければなりませんし、返済の遅れや返済ができなくなってしまうと信用はなくなってしまい、次にたやすく借り入れをすることは不可能になってしまいます。

 

どうしてそのお金が現在急いで必要なのか、本当にその金額すべて必要なのか、ということを借り入れの際はしっかり考えるようにしなければなりません。