審査が甘い消費者金融ランキング

プロミス

消費者金融プロミスの口コミ

 

アコム

 

これらの窓口が営業している時間帯以外に毎月の返済を行う場合は、ATMが使えます。こちらは24時間・年中無休、しかも手数料無料で返済手続きが出来るので大変便利なので人気の理由の1つです

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンの口コミ

オリックス銀行カードローンはカードローンの比較ランキングでもいつも上位にランク入りしているし、業界最低水準といわれる金利に引かれて申し込みました。希望額は200万円と高額融資希望だったのですが、満額回答で審査通過しました。ただ、金利は思ったよりも高かったかもしれません。それでも他の消費者金融などと比較すればかなり低いと思います。

銀行カードローンは借りるのに時間がかかるというイメージが強かったのですが、オリックス銀行カードローンは申し込んで2時間で回答がありました。電話対応自体は普通の対応でしたが、対応の早さに関しては銀行カードローンのなかでもかなり早いほうなのではないでしょうか。急いでいたのでほんとうに助かりました。また利用したいと思います。

元クレジットカード関係で在籍時には審査にも関わっていましたが、オリックス銀行カードローンの審査対応は他の銀行カードローンと比較しても対応が早くて在籍確認についても的確でした。土曜日におまとめ100万円の申し込みをして、月曜日には50万円で仮審査に通過です。半分に減額はされましたが、これも想定内の結果でした。

モビット

モビットは低金利で有名なのですが、それもそのはず業界でも利用者の多い消費者金融といえるからです。資本力のアドバンテージもそうですし、モビットでは特定の店舗を持たないので、その分経費が抑えられ我々利用者に低金利という形で反映されています。しかも借入限度額も最大500万円までと、他の消費者金融に比べて金額が大きいのも特徴といえますね。

レイク

来店する必要がなく、ネット上ですべてを済ませられるというのはとても便利です。本人確認書類(運転免許証や保険証など)もメールまたはFAXでも可能です。ただし、平日14時45分までの申込みと必要書類の確認完了が条件となっていますので注意して下さい。即日振込が可能なレイク、急な場合はまずインターネットで借入申込みを行なってみましょう。銀行ATMを利用して借入・返済を行なう場合、手数料無料で手続き可能です。基本的に、ATM利用してお金の振込などを行なった場合、ATM利用手数料を取られるのは当然ですが、レイクが指定するATMを利用すれば手数料はかかりません。

ノーローン

1週間無利息が何度でも使えるのは現在のところノーローンだけのサービスです。初回は無利息期間があるキャッシングっていうのは他にありましたが、何度でも無利息になるのはノーローンの最大の武器ですよね。

消費者金融の履歴の見つけ方

消費者金融からお金を借りると信用情報機関に履歴が残ります。残る履歴としては名前や勤務先などの個人情報、契約年月日、貸付金額、貸付残高、支払いの延滞などです。これらの履歴は最大で5年間は残ります。

 

5年を経過して信用情報機関の履歴が消えても、消費者金融のリストには自己破産などのブラックの顧客の履歴は残ります。ですから自己破産や債務整理をした場合はその時借りていた消費者金融からは永久に借り入れはできないと考えてよいでしょう。

 

信用情報機関の履歴には社名は載っていません。延滞に関しては90日を越えると延滞という事故扱いになります。ですからそれ以下の延滞なら延滞という記録は信用情報機関には履歴としては残りません。借金をすると履歴が信用情報機関に掲載されるが5年以内で消えます。しかし借り入れをしていた消費者金融自体のデータからは消えないということです。

 

もちろん消費者金融同士で記録を共有しているということはないので、自己破産などの事故を起こしても信用情報機関から履歴が消えれば他の消費者金融からは借り入れができる可能性もあります。

 

ですが5年の期間は例え完済していてもデータは残るので、住宅ローンなどを組む予定がある場合は注意して下さい。消費者金融から借入をする場合も、1度に複数の申し込みをすると信用情報機関を通じて解ってしまうため、悪い印象を与えてしまうので避けた方が賢明です。信用情報機関のデータの削除は金融庁の指導のもと行われるので確実に行われます。

お金を借りたい時

お金を借り入れたいとき、どのような方法があるでしょうか?

まず、世間一般的によく利用されるのが、親兄弟からの借り入れです。契約書もなしで、無利子、無担保、無保証で借りられることが多いので、最も借りやすい相手だといえます。次に考えられるのが、友達からの借り入れです。こちらも親兄弟と同様に、契約書もなしで、無利子、無担保、無保証で借りられることが多いですが、トラブルが多いともいえます。

 

ちなみに、消費者金融のなかでも銀行系は審査が難しいといわれています。消費者金融どうし、サービスの違いはあまりありません。消費者金融は、審査が通りやすいだけでなく、お金を借りやすい制度が整備されているので、ついつい自分の返済能力以上に借りてしまうことがあります。借り入れる人は返済計画を立てて利用しましょう。

 

借り入れの意味は?

借り入れの意味は、お金を必要とする個人や法人が、金融機関などからお金を借りることです。貸し手はお金を貸すことで発生した手数料を、貸した元金以外に利子というかたちで借り手から支払いを受けます。借り手は返済のときに、借り入れた元金と利子を含めた金額を支払わなければなりません。また、借り手が借り入れるときは、通常、貸し手である金融機関により審査がされます。

 

その審査で、貸し手は借り手の返済能力を判断し、借入限度額や金利を決めます。法律によって、「貸し手は、借り手から元金及び利子を受け取る権利があり、借り手は、借入金の元金と、借入金にかかる利子を支払う義務がある」と定められます。

 

返済する主な方法は次の二つです。一つ目は「元利均等返済」で、これは毎回返済するときに返済額が同額になる返済方法です。毎回同じ金額を返済するため、借入残高が多い初期では、返済金額のうち利息分が多くなり、元本分が少なくなる特徴があります。そのため、債務者が返済金額を認識しやすいというメリットはありますが、一方で、返済の初期段階では、利子の割合が多く、ローン残高が減りにくいデメリットがあります。一般的にこの方法は住宅ローンなどで採用されています。

 

二つ目は「元金均等返済」で、これは毎回返済するときに返済額のうち元本分が同額になる返済方法です。初期の段階では返済金額が高く、返済が進むにつれ、返済金額は減少していくのが特徴です。元本の支払いが一定であることから、返済計画が立てやすいメリットはありますが、借入直後では利息の負担が大きいというデメリットがあります。この返済方法は、コーポレートローンなどで採用されています。

 

 

借入金を返済する主な方法

元利均等返済

一つ目は「元利均等返済」で、これは毎回返済するときに返済額が同額になる返済方法です。毎回同じ金額を返済するため、借入残高が多い初期では、返済金額のうち利息分が多くなり、元本分が少なくなる特徴があります。

 

そのため、債務者が返済金額を認識しやすいというメリットはありますが、一方で、返済の初期段階では利子の割合が多く、ローン残高が減りにくいデメリットがあります。一般的にこの方法は住宅ローンなどで採用されています。

 

元金均等返済

二つ目は「元金均等返済」で、これは毎回返済するときに返済額のうち元本分が同額になる返済方法です。初期の段階では返済金額が高く、返済が進むにつれ、返済金額は減少していくのが特徴です。

 

元本の支払いが一定であることから、返済計画が立てやすいメリットはありますが、借入直後では利息の負担が大きいというデメリットがあります。この返済方法は、コーポレートローンなどで採用されています。